ラクトフェリンはウイルスに効果的

ラクトフェリンとは母乳や唾液、涙などの分泌物に含まれています。赤ちゃんが産まれて初めて飲む母乳にはラクトフェリンが多く含まれています。

ラクトフェリンは体内で様々な働きをしてくれる多機能タンパク質のひとつで、このラクトフェリンは私たちの目、鼻、口などにも存在しています。病原菌の入り口に多く存在し、抗菌成分としても働いてくれています。

ラクトフェリンが免疫細胞を元気に、活性化することで免疫力が上がることが知られていて、ノロウイルスにかかりにくいとされています。

またダイエット効果もあると言われています。ラクトフェリンには中性脂肪とコレステロールの減少効果があることがわかっていて、脂肪の蓄積予防効果は、ラクトフェリンの脂肪合成を抑える作用によるものです。

ラクトフェリンは様々な効果が期待されている成分なので医薬品成分としての応用を目指した研究が次々に行われてきています。ラクトフェリンからのメッセージを受け取って医薬品が開発されることが期待されています。

 

ラクトフェリンはピロリ菌除去に働きかけ、善玉菌を増やし、免疫力アップにつなげてくれる働きが期待でき、腸内環境を整えてくれる効果がある

http://ラクトフェリン効果口コミ.xyz/でもおなじみですが、ラクトフェリンはピロリ菌に対して働きかけてくれます。ピロリ菌は胃炎や胃潰瘍、胃がんの原因となってしまうものであり、ラクトフェリンはピロリ菌を包みこむ働きがあります。
ピロリ菌が胃の粘膜に付着してしまうことで胃の病気のリスクを高めてしまいます。ラクトフェリンがピロリ菌を包み込むことで、胃の粘膜に付着するのを防いで、体外に排出する働きを高めてくれます。

また、ピロリ菌を持っていない人もストレスや食生活の乱れなどで胃腸の調子が悪くなってしまうといったことが起こりやすいです。ここでもラクトフェリンが役立ち、胃腸を正常に働かせてくれます。

ラクトフェリンは腸内の悪玉菌の働きを抑制して、善玉菌の働きを活性化してくれる働きももっています。

善玉菌が増えることで、腸内環境が改善し、免疫力アップにもつなげてくれます。腸内環境が良くなると、腸の働きが正常化されるので、胃のトラブルや便秘などの症状の改善が期待できます。

よって、ラクトフェリンが体内に入ることで、ピロリ菌を包み込んで粘膜につくのを防いで、胃の病気のリスクを減らしてくれます。

また、ストレスや食生活の乱れによって胃のトラブルが起こりやすいので、そうしたトラブルに対しても働きかけてくれます。腸内の悪玉菌が増えてしまうと腸内の環境が悪化して、胃の調子が悪くなります。

ラクトフェリンはそうした悪玉菌をやっつけてくれ、胃腸の働きを整える善玉菌の働きを優勢にしてくれる働きを持つので腸内環境を改善させて、免疫力向上にもつなげ、腸内や胃の健康維持に役立ててくれると言えます。乳酸菌やビフィズス菌とともに、お腹のちょうしを整えるものとして摂りたい成分です。