血糖値を正常にするための治療

健康診断や人間ドックで血液検査をしたときに血糖値が高かったという経験をした方は多いのではないでしょうか。血糖値とは血液中のブドウ糖の濃度のことです。糖尿病は血糖値が高くなってしまう病気です。

糖尿病は自覚症状がないので、放置してしまう場合もあります。糖尿病を放置していると様々な合併症を引き起こしてしまいます。心筋梗塞などのリスクも高くなってしまうので、適切な治療をしていく必要があります。

サプリで血糖値を下げる商品もなくはないですが、このようなものは低血糖を引き起こしかねません。医師の指導のもとで摂るのが最善です。

糖尿病の治療には食事療法、運動療法、薬物療法があります。食事療法は糖尿病食品交換表を理解することから始まります。食品交換表では食品のカロリーを単位で表していて、一単位が80キロカロリーです。

例えばご飯なら50グラムが1単位です。医師から必要エネルギー量を指示されるので、食品をパズルのように組み合わせていって献立を作っていきます。始めは覚えることがたくさんあって大変ですが、慣れていくと様々な献立を立てていくことができるようになります。

 

血糖値サプリで高血糖を防ぎ、肥満を防止しよう

血糖値サプリには、糖質の吸収を抑えて高血糖を防ぐ効果を持つものがあります。このような血糖値サプリを継続的に使用すると、脂肪が付きずらくなり肥満を防ぐ効果があるといわれています。

肥満の原因の1つとして高血糖があげられます。食事によって体内に吸収された炭水化物が、ブドウ糖に変わることで血糖値を上げます。血糖値を抑えるための機能するものがインシュリンです。

インシュリンはブドウ糖を、筋肉や肝臓に吸収させることで血糖値を下げています。このようにして吸収された糖分は、脂肪に変わりやすくなっているため、血糖値を抑えるためにインシュリンが増加することが肥満の原因です。

そのほかに、食事により上昇した血糖値には人間の脳に満腹感を感じさせる効果があります。高血糖状態が続くと、インシュリンの分泌するメカニズムが狂ってしまいます。

大量に分泌されたインシュリンは血糖値を下げすぎてしまい、たくさん食べないと満腹感を感じなくなってしまい、カロリーの過剰摂取により肥満へとつながります。

 

血糖値の変動は少ないほうがいい

糖尿病の患者さんは血糖値が常に正常値より高いです。血糖値は食事をとると変動します。食事の間隔があいて急に食事をとったり、食事量が多すぎると急激な血糖値の上昇が起こってしまいます。

急激な血糖値の上昇は体に負担をかけるので、食事は三食きちんと決まった時間にとるようにして、適性な食事量を心がけるようにしましょう。糖尿病の有無にかかわらず血糖値の急激な上昇はよくありません。

糖尿病といえば生活習慣病の一つで大人になって肥満になったり不規則な生活をしているとなってしまうという印象があると思いますが、一般的に糖尿病と言われているのは二型糖尿病です。

糖尿病の分類は様々あって生まれつきインスリンが分泌できなくてインスリン注射が必要な一型糖尿病や妊娠中になってしまう妊娠糖尿病などがあります。一型糖尿病で闘病している子供もたくさんいます。

糖尿病と言っても全てが生活習慣の乱れでなっているというわけではないのです。